現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 残りわずか
商品コード:
9784041071076

生き残り(古処誠二)

販売価格(税込):
1,728
関連カテゴリ:
サイン本
※下記のサイン本も若干数ご用意いたします。

『いくさの底』(KADOKAWA)1728円 ※初版ではございません 
『中尉』(角川文庫)864円

お求めをご希望の方は、お申込みの際にメッセージ欄へお書き込みいただくか、サイン本販売コーナートップページ左「お問い合せ」よりお願いいたします。
数日以内に在庫状況、合計金額を担当者よりメールさせていただきます。


凄まじい閉塞感と驚天動地の展開の中で、人間存在のままならなさを鋭く突いた瞠目の戦場ミステリ!

北ビルマでの米支軍との戦いは、退路を断たれ、苦戦を余儀なくされた。独歩患者は中隊から切り離され、経験のとぼしい見習士官を付けられて分進隊として転進する羽目に陥る。イラワジ河をにわかづくりの筏で下る際、敵機に襲われ、すさまじい火力で河面が叩かれる。各自中州までようよう泳ぎ着くが、そのさなか、伍長が胸の一突きで殺される。あの極限状態のさなかで、いったい誰が? 大河の両岸には百姓ゲリラが控え、中州からの脱出もままならない。籠城はできても3日。日本兵たちはやがて、一人、またひとりと命を落とす――。
中州を脱出してひとり安全圏の渡河点にたどりついた兵隊から転進の行程を聞いた下士官は、話に違和感を覚え、兵隊に銃をつきつける。「お前、足手まといになった連れをひとり残らず殺して転進して来ただろう」――転進の道で鬼とならざるを得なかった人間の弱さ、優しさ、哀しさ。凄まじい閉塞感と驚天動地の展開の中で、人間存在のままならなさを鋭く突いた、『いくさの底』を凌駕する瞠目の戦場ミステリ!
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。